2018.04.24

リフティングのコツ

  • はてなブックマーク
  • googleplus
  • LINE

本文

サッカー リフティングのコツ コツさえ掴めば練習すればするほど上手くなる!

今回はボールコントロールの基礎となるリフティング。「リフティングができない」「ワンバウンドはできるけどノーバンができない」このような悩みを抱えているお子さん、保護者の方も多いのではないでしょうか?今回は「リフティング」のコツについて触れていきたいと思います

① 前かがみにならずに顔だけを下に向けてボールを見る。

② 力を抜いてリラックスして、足の甲(インステップ)でボールを捉える

③ 足を固定して、足もボールも高く上げすぎないように注意する。
※ボールの高さの理想は膝より下、高くても腰の高さより下にする。

④ 「蹴る(kick)」という感覚より「触れる(touch)の感覚で行う」

⑤ ボールを良く見てリズム良く行う。

⑥ ボールは真上に上げるように行う。

⑦ 1回1回、地面に足をつける。(ずっと足が上がっていることがないように)

・最初はワンバウンドから始め、1回1回手でキャッチすると良いです。徐々に
回数を増やしていきましょう。

ここまでコツを書かせてもらいましたが、1番大事なのは「自分がやりやすいやり方」
で「繰り返し練習する」ことです。

筆者の私も幼稚園でサッカーを始め、現在は指導者をさせてもらっていますが小学校
5年生の秋ごろまではリフティングが100回もできませんでした。
しかし、放課後に毎日リフティングの練習をするようになり、小学校卒業時には600回、大学時代には6000回くらいまでできるようになりました。

1万回に届いてないのでまだまだだと思っていますが、300~500回できる技術があれば
あとは集中力と体力が続ければ何回でもできると思っています。
回数がある程度できるようになったら技にも挑戦してみると良いでしょう。

更新情報

カテゴリー

  • 主催・協賛大会(0)

  • チーム情報(7983)

  • スクール情報(99)

  • 公式大会(36)

  • フットサル場(92)

  • 会場情報(2186)

  • コラム(6)